読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

体力は二つある!?意外と気づいていないもう一つの体力とは

 

こんにちは、スーです!

 

前回は
『効果的なトレーニング』
についてでした。

 

まだ読んでない人はこちら!

mojiyougui.hatenablog.com

 

これを読めば、効率のいい練習の仕方
を手に入れることができます。

上達スピードが、かなり早くなること間違
いなしなので、是非読んでみてください!



今回は
『体力の大事さ』
について書きます。

f:id:mojiyougui:20170519163532j:plain

 

 〜なぜ体力は必要なのか〜

 

あなたは、体力がなくてもスキルがあれば
やっていけると思いますか?


単刀直入に言うと、体力がなければ
バスケで活躍するのは不可能です

 

少し技術がうまく見える選手も、体力が
なければ、後半は全く使い物にならなくなり
下手したら、チームのお荷物にもなりかねません。

そんな最悪な事態は、極力避けたいですよね?

f:id:mojiyougui:20170519175352j:plain

 

なので、もし今あなたが
体力なんかなくても、シュートが入れば
いいでしょ

という風に考えていたら、それは活躍
できない
選手の考え方なので、今すぐに
やめてください



そして、このブログを読んで、体力が
必要な理由を、しっかりと身につけてください


それさえ身についてしまえば、活躍できる
選手
になれること、間違いなしです。

 

上手くなりたい、伸び悩んでる、
そこのあなた!

是非参考にしてください!!

 

f:id:mojiyougui:20170519181633j:plain

 
〜体力とは〜


体力のイメージはおそらく
走ってつけるもの走る時に使うもの
このようなイメージが、一般的だと思われます。

しかし、バスケット選手だと
このイメージでは少し足りません

 

あなたは、体力はどんな場面で使うもの
だと思いますか?

 


実は、ただ走るよりも、飛んだり
ぶつかったりする方が、知らないうちに
体力を使っています。

 

ここで1つ、覚えておいて欲しいのが
体力とは、心肺機能筋持久力の二つある
ということです!

 

f:id:mojiyougui:20170519182518j:plain

 

走ってる時はもちろん、心肺機能の方の
体力を使い、飛んだり、ぶつかったりして
いる時は、
筋持久力の方の体力を、知らず
に使っています。

 

あなたは、こんな経験をしたことがありますか?


4ピリの残り五分、ブロックしようと
思い切り飛んだら、足をつってしまった

これはまさに、筋持久力の方の体力
消耗してしまった、いい例です。


心肺機能を高めても、足はつってしまいます。

筋持久力を高めても、息は上がってしまいます。

なので、体力トレーニングで、この二つを
上手く鍛えてあげること、が大事になるのです

 

f:id:mojiyougui:20170520130504j:plain

 

 〜何をすればいいのか〜

 

実際に、効果的なトレーニング
紹介したいと思います!

 


1、ドリブルしながら鬼ごっこ

 

f:id:mojiyougui:20170520130932j:plain

 
ルール
・みんな利き手と逆の手でドリブルをする
・制限時間を決める
・罰ゲームあり
・ボールを投げるのは反則


こんな感じでルールを決めて
鬼ごっこをしてみましょう!

 

狙いは、心肺機能の向上、
ドリブルハンドリングの向上、腕と足の
筋持久力の向上です!

みんなで楽しく、トレーニングできるので
オススメです!

 


2、細かい腕立て

  

f:id:mojiyougui:20170520132040j:plain

 
大きくゆっくりやるのではなく
早く細かくやることで、筋持久力を
鍛えることができます

 

1日、10回を2セットやるだけでも
ちゃんと効果があるので、是非やってみて
ください。


これは余談ですが、

筋トレに関しては
大きくゆっくりやると筋肥大up
早く細かくやると筋持久力up
このように覚えておいてください!

そして必要に応じて、使い分けましょう!

f:id:mojiyougui:20170520133240j:plain

 

その他、学校で教わった
筋トレ方法があると思います。

 

バスケを知っている顧問の先生は
必ず、効果的な筋トレ方法を、知って
いますし、
教えてくれます!

なので、教わった筋トレ方法を、復習
してみたり、もっと他の方法を聞きに行って
みましょう


聞きに行くことは、いいアピールにもなる
のでプレー以外でも、どんどんアピールして
いきましょう

 

f:id:mojiyougui:20170520134202j:plain

 

〜今すぐに〜

 

今日の夜から、毎日
簡単できつくない程度の筋トレ
始めましょう!


なので今すぐに、スケジュール帳
ケータイのメモ機能、なんでもいいので
風呂の前に筋トレをする、と書き込んで
ください

その行動が、あなたの上達の第一歩
なりますよ!

 

 

今回は
『体力の大事さ』
について書きました。

 

わからないこと、質問等ありましたら
気軽にコメントしてください!

 

 

最後まで読んでいただき
ありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これさえ知れば上達スピードが上がる!一流選手の考え方とは。

 

こんにちは、スーです!

 

前回は
『シュートをまっすぐ飛ばす方法2』
についてでした。

 

まだ読んでない人はこちら。

mojiyougui.hatenablog.com

 

これを読めば、シュートを安定させるための
コツがわかり、シュート率が上がること
間違いなしです

ぜひ、参考にしてください!

 

今回は
『効果的なトレーニング』
について書きます。

 

f:id:mojiyougui:20170511211345j:plain

 

〜筋トレは必要か?〜

 

いきなりですが、あなたに質問です!

 

筋トレは必要だと思いますか?



おそらく、必要、不必要の二つの答えが
出てくると思います。


結論から言うと、どちらも正しいです

 

今回は、この「どちらも正しい」と言う
ことの意味について、話していこうと思います。 

 

f:id:mojiyougui:20170511212202j:plain

 

この記事を最後まで読んだら、あなたは
今までよりも、効率よく練習できるようになります

 

効率よく練習できるようになれば
上手くなるスピードが上がり、自分に余裕が
出てきます

そうなると、最終的に気付いたら、あなたが
チームのエースになってること、間違いなしです!

 

 

逆に、この記事を読まなかったら、今まで通
ベンチを温めながら、引退になってしまう
かもしれません。

そればかりか、下級生の方が先に、試合に
出ているかもしれません。

 


そんなの、プライドが許せませんよね?

そんな最悪な未来を防ぐために
ぜひ、この記事を最後まで読んで
実践してください!

 

f:id:mojiyougui:20170513201757j:plain

 

〜重要なことは何か〜

 

まず初めに、覚えて欲しいことは
筋トレが必要かどうかは、年代によって
異なってきます。

 

「不必要」が当てはまるのは中学生、

「必要」が当てはまるのは高校生以上です。

 

どう言うことか、というと、

中学生は、吸収が早いので、ハンドリングや
持久力を重視した方が良くて、
高校生は、あたりが激しくなるので、
筋力アップが欠かせなくなります。

 

しかし、中学生も筋トレは不必要といっても
筋力は、あった方がいいに越したことはありません。

 

f:id:mojiyougui:20170511214832j:plain

 

持久力、筋力、ハンドリングの三つを
鍛えるのは、すごく時間がかかります

それに加え、授業もちゃんと受けなければ
いけないし、宿題が出たりしたら練習できる
時間は
もっと短くなってしまいます

 


なので、その三つが一気に鍛えられる
練習方法があったら、嬉しいですよね。

 

実は、そんな練習があるんです。

 


今回、私が伝えたいことは

『一つの練習で二つ以上鍛えるべし』

と言うことです!

常に、この考えで練習ができたら
スタメンも夢じゃありません!

 

これから伝授するので、ぜひ吸収してください!

f:id:mojiyougui:20170511220604j:plain

 

 〜トレーニング方法〜


では、実際にやり方の例と
考え方を、説明して行きます!

 


ドリブルと腕の筋力は一緒に鍛えるべし

 

f:id:mojiyougui:20170513200701j:plain


ドリブル練習は、強くつけば
腕の筋力アップも同時に行えます

なので、ドリブル練習を行う際は
必ず、腕の筋力アップも意識してください。

 

オススメの練習方法は
ボール二つで強くドリブルをつく方法です。

 


まずは、両手で同時、交互につくやり方で
30回を3セットやりましょう!

意識して欲しいポイントは、ミスしてもいい
のでとにかく強く、ドリブルをつくように
してください。

 

f:id:mojiyougui:20170511213336j:plain

 

 また、この写真のように、肩を抑えてもら
い、走りながらドリブルをつくと、ハンド
リング、腕の筋力、脚力、が同時に鍛えら
れます。

 

このように、ちょっとした工夫で、一つの
練習から複数の箇所を、鍛えることが可能
になります。

このちょっとした工夫が、できるかできない
かで上達スピードは、二倍も三倍も変わって
きます



なので、どんな練習をしてる時も、どこか
一緒に鍛えられるところはないか、考える
をつけましょう!

 

f:id:mojiyougui:20170513202728j:plain

 

〜今すぐに〜


このブログを読みながら、何か他の
メリットを考えてみてください!

 

例えば

・寝転がって、ケータイでブログを読んで
 いたら、仰向けになって、腕がきつくなる
 まで、上でキープしながら
読む


・椅子に座って、パソコンでブログを読んで
 いたら 、背筋を伸ばして、綺麗な姿勢で読む


などなど、普段から二つ以上のことを
同時に考える癖をつけましょう!

 

この癖がつけば、あなたはバスケをしてる
時、自然と二つ以上のことを考えながら
プレーできるようになりますよ!

 
早速、試してください!

 

 

 

今回は
『効果的なトレーニング』
についてでした。

質問等ありましたら、気軽に
コメントしてください。


最後まで読んでいただき
ありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

 

超重要!?シュートを安定させるためのテクニック!

 

こんにちは、スーです!

 

前回は
スリーポイント上達法』
について書きました。

 

まだ読んでない人はこちら!

mojiyougui.hatenablog.com

 

この記事を読めば
スリーポイント上達のための
大事なポイントを知ることができます。


スリーポイントで悩んでる
そこのあなた!

ぜひ参考にしてください!



今回は
『シュートをまっすぐ飛ばす方法2』
について書きます。

 

f:id:mojiyougui:20170508172318j:plain


〜シュートが曲がらなくなる!?〜

以前に、シュートをまっすぐ飛ばすには
フォロースルーをしっかりしましょう
という風に書きました。


まだ読んでいない人はこちら

mojiyougui.hatenablog.com


今回、話す内容はフォロースルーと
同じで、シュートをまっすぐ飛ばすための
技術になります。

しかし!


フォロースルーよりも、確実に
まっすぐ飛ぶようになり、尚且つ
シュートが安定する技術と、なっております!

なので、今回の記事と
以前の、フォロースルーの記事を両方
読んだら間違いなく、シュートがまっすぐ
飛ぶようになり、成功率も上がります。

f:id:mojiyougui:20170508174251j:plain


そして、試合に使われては得点を取り
いつのまにか、注目選手になっていること
間違いなしです!

なんなら、会場中の観客を
総立ちにさせることも可能です!

 

なので
シュートが上手くなりたい

試合で活躍したい

試合に出たい

上手くなりたいけど
 何をしたらいいかわからない


このようなことを考えている
そこのあなた!!!

 

ぜひ、最後まで読んで、みんなの注目を
独り占めするプレーヤーになりましょう!

 

f:id:mojiyougui:20170511151352j:plain

 

〜意識するべきポイントとは〜

 

あなたは、シュートをまっすぐ飛ばす
ために重要なことは、なんだと思いますか?

 


今回のシュートをまっすぐに飛ばす
方法とはズバリ「腕をまっすぐにする
ということです!

すごく当たり前のことなので
そんなことかよ・・・」と思ったかも
知れません。

 


しかしちゃんと、このことに気づいて
注意しながら練習できてる人は、かなり
少ない
です。

しかも、試合に出れない、シュートが入ら
ない
と悩んでる人に多い傾向にあります

 

f:id:mojiyougui:20170511152914j:plain


しかし!
今まで気づいていなかったあなたも、この
記事で気づくことができたと思います!

技術を知っているのと、知らないのとでは
上達のスピードが、二倍も三倍も変わるので
この記事でしっかりと、知識をつけてください!

 

次に、上で言った「腕をまっすぐにする
について、詳しく説明します!


例えば
パワーポジションからフリースローを打つとします。

パワーポジションを構えた時

シュートを構えた時

シュートを打ち終わった時


この3点で、腕がしっかりとフリースロー
ライン
と垂直になっている(まっすぐにな
っている)かどうか、を確認します。

この、要所要所でちゃんと、腕をラインと
垂直にすることが「腕をまっすぐにする
ということです。


少しイメージがつきにくいと思うので
練習方法と一緒に、詳しく説明していきます。

 

f:id:mojiyougui:20170511155855j:plain

 

〜練習方法〜

 

実際に、どのように練習したら良いか
紹介していきます!

この練習をするときは、フリースロー
一歩手前か、フリースローからシュート
を打ってください



1、パワーポジションを構える

f:id:mojiyougui:20170513204508j:plain

 

画像のように、自分の腕がまっすぐに
なってるか確認できるように、目印を
作ってください!

目印は、紐、木目、もともとあるライン
どれにしても大丈夫です。


しっかり脇を締めて、太もも
上ら辺にボールを構えるのがベストです。

逆に、脇が明らかに開いてたり、ボールを
体の
真ん中で構えるのはNGです

そして、画像のように腕とラインが
垂直になっていること、を意識してください!

 


2、片手でシュートを構える

f:id:mojiyougui:20170513204545j:plain

 

画像のように片手で構えます。

これは、自分では確認しづらいので、でき
れば友達に正面から動画を撮ってもらいま
しょう



シュートの構えは、おでこの真ん中に
ボールを持っていかないといけない
と思っている人が多いです。

しかし、これは絶対にやってはいけません

 

なぜかと言うと、おでこの真ん中まで
持っていくと、自然と肘が開いてきてしまいます

 


なので、腕がまっすぐになる自然な位置に
ボールを構えるようにしましょう!


目安は、親指がおでこの真ん中か、少し外側です!

 


3、片手のまま、まっすぐ打つ

f:id:mojiyougui:20170513204556j:plain

腕をまっすぐのまま、自然に打ちましょう!

 

フォロースルーの時に、手首が外側に
向いてしまうと、肘が開く恐れがあるので
親指が下に向くように、まっすぐ打ちましょう!

 

また、フォロースルーが左右にぶれる
ことがあると思います。

最初は、ぶれなくなることを目標に
練習を重ねていってください!

 

f:id:mojiyougui:20170511164233j:plain

 

〜今すぐに〜

 

今すぐに、友達と練習する約束をしましょう

ラインでも電話でもなんでも構いません!

 

連絡することによって、モチベーションを高め、
やる気を友達に見せましょう!

 

この行為は、上達するのに一番大事な
技術といっても過言ではありません!

 

ぜひ実践してください!
そしてどんどん上達しましょう!


 

今回は
『シュートをまっすぐ飛ばす方法2』
でした。

質問等、わからないことがありましたら
気軽にコメントしてください!

 

最後まで読んでいただき
ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 

スリーポイントで悩んでる人必見!スリーポイント上達法

 

こんにちは、スーです!

前回は
フリースローのルーティーン』
について書きました。

まだ読んでない人はこちら!

mojiyougui.hatenablog.com




この記事を読めば
フリースローの時に、いつも平常心で
打てるようになります

いつも慌てて外してしまう、そこのあなた!
必見です!!


今回は
スリーポイント上達法』
について書きます。

 

f:id:mojiyougui:20170427152625j:plain

 

 〜知らなきゃ上達できない!?〜

スリーポイントは、試合で3割入れば
いいシューターと呼ばれるくらい、なかなか
高確率で入れるのは難しいとされています。

だからと言って、自主練習で3割入るように
練習しても、全く意味がありませんよね。


なので、まず一つ知って欲しいことは

練習で「6割」入るようにならなければ
試合で、安定して入るようにはならない
ということです。

f:id:mojiyougui:20170427155809j:plain

 
全てのシュートに、共通して言えることは
6割以上シュートが入る人は、自分のシュートが
理解
出来ていて、なおかつ自信がある、
ということが言えます。

なので、試合でスリーポイント決めたいなら
簡単な話、練習で自信をつければいいのです!

 

しかし、練習しても、簡単に上手く
なれないのが現実ですよね。

また、顧問の先生に聞いても、ちゃんと
的を得た答えを返してくれない、というケースも
少なくないと思います。

 

f:id:mojiyougui:20170427161504j:plain

 

なので今回は、私があなたのために
上手くなるための方法を、わかりやすく
解説したいと思います!


今までの、上達できない練習
おさらばしたいですよね?


本気で上手くなりたい、そこのあなた!


ぜひ、このブログを最後まで読んで
上達できるあなた、に生まれ変わってください!

 

f:id:mojiyougui:20170427162456j:plain

 

〜3Pを上達するには〜 

 
スリーポイントが上手くなるには、何が必要
だと思いますか?


それは、ミドルシュートスリーポイント
を、切り離して考えることです!

上手い人は、ミドルシュートスリーポイント
同じように打ってるように見えますが、実は
同じ打ち方をしてる人は、あまりいません


スリーポイントは、ミドルシュートと別の
打ち方をした方が入る、というケースはとても
多く見られることです。

特に、まだ体が出来上がっていない、中高生に
多く見られます!

 

f:id:mojiyougui:20170427181919j:plain

 

なので、まずは
シュートは全部同じ打ち方、という考えを
持ってる人は、特につまずき易いので
今すぐに、その考えは捨ててください!

 

それに加え、もう一つ大事なことは
常に思い切りよく打つことです。

思い切りよく打つというのは、ただ力任せに
打ち上げるのではなく、シュートフォームが
崩れない範囲の全力で打つ、という意味です。


これをやることによって、スリーポイント
のシュートタッチというのが、わかって
くるので常に、思い切り打つ癖をつけるよ
うにしましょう。

 

f:id:mojiyougui:20170427185130j:plain

 

〜上手くなるには〜

 

では、実際にどうやればいいか
を伝授したいと思います!

 

今回は、上記で言った
「シュートフォームが崩れない範囲の全力で打つ」
ということを、知ってもらうための練習
についてです。

 

 


1、椅子に座ったまま打つ

f:id:mojiyougui:20170503141941j:plain


これは、言葉の通り、椅子から立たずに
座りながら打つ練習方法です。


ポイントは、回数を重ねると必ずフォームが
崩れてきます

常に、綺麗なフォームで打てるように
動画を撮って、しっかり確認しながら
練習しましょう!

慣れないうちは、5回を3セット
この量でやるのが、オススメです。

 

5回打つ
 ↓
動画を見て、出来てないところを確認する
 ↓
また5回打つ
 ↓
動画で確認する


この流れでやっていきましょう!


f:id:mojiyougui:20170317110118j:plain

 

この練習で

・顔の、どの位置から打ったら
 ボールが一番飛ぶのか。

・肘と手首がどのタイミングで伸びると
 いいシュートになるのか。

これらの点を、常に意識して
自分の一番打ちやすいタイミングを見つけ
ましょう!


それがスリーポイント上達の
いちばんの近道になります!

 

f:id:mojiyougui:20170507164103j:plain

 

〜今すぐに〜 

 

 シュートを上達するには
うまい手本を見るのが、1番の近道です!

なので、YouTubeで自分が思うシュートが
うまい選手の動画を見てください!


今すぐ見れない人は、動画をお気に入りして
あとですぐに見れるようにしておいてください!

 

うまい人の、うまい部分を
盗めるだけ盗んで、どんどん上達
しましょう!

 

今回は
スリーポイント上達法』
についてでした。

わからないこと、質問等ありましたら
気軽にコメントしてください!

 

 

最後まで読んでいただき
ありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

意外と知られていない!ルーティーンの意義とは

 

こんにちは、スーです!


前回は
フリースロー
について書きました。

 

まだ読んでない人はこちら!


mojiyougui.hatenablog.com



これを読めば、フリースロー成功率が
上がること間違いなしです!


ぜひ、参考にしてください!

今回は
フリースローのルーティーン』
について書きます。

 

前回の内容と絡めながら
読んでみてください!!!

 

f:id:mojiyougui:20170422212349j:plain

 

〜ルーティーンは大事なの?〜

あなたは、フリースローの時に
ルーティーンをしていますか?

おそらく、何回かドリブルをついたり、手のひらで
ボールを回したり、こういった行動を
誰もが無意識にやっていると思います。

 

ルーティーンをすることによるメリット

集中力が高まる

自分のいい時のリズムを思い出せる

主にこの二つだと考えられます。

しかし

ここまでは、誰もが知っていることですよね

 

f:id:mojiyougui:20170422214008j:plain


私が今回、紹介するのは
ルーティーンの「やり方」ではなく
ルーティーンを「やる意味」についてです!

今回のブログを、最後まで読んだら
今まで以上に、フリースローが気楽に打てるように
なること間違いなしです!

 

 

逆に、いつもルーティーンやってるし
読まなくていいや・・・
という人は、読んだ人より遅れをとることになります

ぜひ、この記事を最後まで読んで
最強のフリースローシューターを目指しましょう!

 

f:id:mojiyougui:20170422215237j:plain

 

〜ルーティーンをやる意味〜

 

いきなりですが、あなたはルーティーンを
なぜやるのか、考えたことがありますか?

私は、ルーティーンは自分に自信をつけるために
やるもの、こういう風に考えています。

 

かつて私が読んだNBAの本にも
フリースローの時は、常にシュートを
入れた時の自分をイメージしている」
と、書いてありました。

 

要するに、ルーティーンとは
自分の成功した未来を想像する時間なのです。

 

f:id:mojiyougui:20170425143505j:plain

自分の成功した未来を想像する時間、だと
抽象的すぎるので、具体例を考えてみましょう。

 

例えば、ルーティーンの時に二通りの選手がいます。

A選手「シュートを決めた自分を想像して打つ」
B選手「シュートを外した自分を想像して打つ」

A選手フリースローは得意だ、と思いながら打つ」
B選手フリースローは苦手だ、と思いながら打つ」

 

どっちの方が、入る確率が高くなると思いますか?

間違いなくA選手の方ですよね!

 

f:id:mojiyougui:20170317113530j:plain


人間は悪いことを考えると、悪い方へ流されて
いってしまいます。

しかし、気負いすぎも逆に自分に
プレッシャーをかけてしまいます


なので、細かいですが「決めなきゃ」と思わずに
入る」と常に考えるようにしましょう!

 

f:id:mojiyougui:20170425143337j:plain

 
〜実際の練習方法〜


では実際、どのように意識したらいいか
を紹介していきたいと思います。

 

まず練習方法自体は、前回の記事と全く同じ
なので、そちらを参考にしてください!

 
前回の記事はこちら。

mojiyougui.hatenablog.com




前回の練習方法にプラスで、ルーティーンをしてる
時に、今から紹介する考え方を取り込んでください!

f:id:mojiyougui:20170426195437j:plain


「自分はフリースローが下手だ」と考えない。


フリースローが下手だ」、「自信がない」と思ってる
人のほとんどは、フリースローを決めたという
印象が頭の中に残っていない人たちです。

悪い印象しかないと当然、自信が待てなくなります
その結果、確率が悪くなってしまいますので
この考え方は、自分にとってマイナスでしか
ありません


その考えを払拭するために、まずはフリースロー
を決めた自分の動画を、いっぱい見ましょう!

f:id:mojiyougui:20170426195418j:plain

 

2、入らなくても落ち込まない

 

なかなかシュートが入らないと、自然と
気分は下がってしまいますよね。


最初は入らなくて当たり前です



一番ダメなのは、上手くいかない時に
すぐ投げ出してしまうことです。

上手くいかない時は、軽く肩を回すと
リラックスされるので、上手くリフレッシュ
しながら練習を継続させましょう!

 

f:id:mojiyougui:20170426195459j:plain

 

3、練習のいいところだけ思い出す

 

試合でフリースローになると、意識して
なくても緊張してしまいますよね。

そんな時は、練習で上手くいったところ
だけを
思い出すようにしましょう!


上手くいった時の自分を思い出すと
自然とそのイメージ通りに体が動こうとします

 

なので、まずは練習の時にしっかりと
自信をつけるところから始めましょう!

f:id:mojiyougui:20170426195655j:plain

 

〜今すぐに〜

 

今すぐにできる練習は
イメージトレーニングです。

自分の動画を持ってる人は
その動画を見ながらイメージトレーニング
しましょう。

 

やり方は簡単です。

 

自分がフリースローを外す時
何が原因で外しているか、を思い出してください。


 そしてその原因を、イメージトレーニング
内で
解決させてフリースローを決めてください。

 

そして今度は、外してしまう違う原因
想像し、解決してください。

 

f:id:mojiyougui:20170425154803j:plain

 

これを繰り返していれば、自分の
悪いところを見つめて、解決するという
とても大事な能力が身につきます!

 

この能力は、バスケを上達するために
とても大事な能力なので、ぜひこの機会に
身につけてください!

 

そして、フリースローの苦手も
克服しちゃいましょう!

 

 

今回は
フリースローのルーティーン』
についてでした。

 

わからないこと、質問等ございましたら
気軽にコメントしてください!


最後まで読んでいただき
ありがとうございました。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

必見!!〇〇を意識しただけで劇的に上達する!?フリースロー練習法

 

こんにちは、スーです!

 

前回は
『フォロースルー』
について書きました。

 

まだ読んでない人はこちら!

mojiyougui.hatenablog.com

 

これを読めば
確実にシュートがまっすぐ飛ぶようになります
ぜひ参考にしてください!

 

 

今回は
フリースロー
について書いていきます!

 

f:id:mojiyougui:20170406171937j:plain


フリースローが得意になるには〜


フリースローは邪魔されずに打てるから
簡単に入れられるはず、と言われていますが
実際にはそう上手くは入りませんよね。

緊張やその日の体調、なんなら打つ時の
気分でも入る確率は変わってきてしまうものです。

 

しかしフリースロー

ほぼ100%決めなければいけません

なぜかというと

1点、2点で勝敗が左右される試合では
確実にフリースローが大事になってくるからです。

 

あの時自分がフリースローを決めてれば勝ってたのに・・・
という試合も少なくないと思います。


こんな悔しい思いは絶対にしたくない

その時あなたはそう思いませんでしたか?

f:id:mojiyougui:20170406175849j:plain


なので
そんなあなたのために、私が教わった
フリースロー成功率が劇的に上がる方法
を伝授したいと思います!

私が現役の時、フリースロー
3本に1本しか入らないくらいの確率でした。

そのせいで試合に負けた経験もあります。

 

しかし
フリースローが劇的に上がる方法を教わったら
10本に1本しか落とさないレベルまで上達しました!

簡単に数字にすると
成功率が30%から90%になったのです!


この方法は確実に上手くなれるので

試合で悔しい思いをしたくない
フリースローが上手くなりたい

そんなあなた、ぜひ読んでみてください!

 

f:id:mojiyougui:20170406181418j:plain

 

フリースローが上手くなるポイント〜

 

フリースローを上手くなるためには
一旦、ジャンプシュートとは全く別のシュート
だと考えてください。

 

なぜかというと、ジャンプしない分
力の入れ方が大きく変わってくるからです。

また、ブレも少なくなるのでより良い
シュートが打てる確率が高くなります。


この二つの違いだけでも、ジャンプシュートと
レイアップって別のシュートに感じますよね。

 

なので上手くなる第一段階として
ジャンプシュートとフリースローは別物だ
と考えるようにしてください!

 

f:id:mojiyougui:20170421152422j:plain

 

次に

技術的な部分のポイントについてお話しします! 

 

フリースローの時に大事なポイントは

つま先の向き打つタイミングです!

なぜつま先の向きが大事なのかというと
シュートはつま先の向いてる方に飛んでいきます。

どういうことかというと
体の構造上、つま先の向きに上半身が向こう
とするので、上半身が向いてる方にシュートが
飛ぶということです!

 

当たり前じゃん、と思う人も多いと思いますが
実際に、つま先の向きがまっすぐになっていない
人はかなり多くいます。

これを意識するだけでもかなり
シュート率は上がるのでぜひ意識してください!

 

f:id:mojiyougui:20170421155507j:plain

 

次に、打つタイミングが大事な理由は
緊張やプレッシャーから、シュートを溜め過ぎ
てしまう人が多くなる傾向があるからです。

溜め過ぎとは、いつものタッチより
 ボールを離すのが遅いことを指します。)

 

シュートは、タッチが早くなる分には
ボールがいつもより飛ぶので、まだ入る確率はあります。

しかし、溜め過ぎてしまうと、いつもより
ボールが飛ばなくなるので、リングの手前に当たったり
最悪エアーボールになってしまいます。

 

なので大事に打とうとするより
常にリズムよくパッと打つようにしましょう

 

f:id:mojiyougui:20170421162011j:plain

 

 〜練習方法紹介〜

 

考え方を理解してもらった後は
練習あるのみです。

 

フリースローを上手くなるには
フリースローを打つしかありません。

なので今回は、フリースローを打つ時の
一工夫を紹介します!

 

1、足の内側にまっすぐタオルをひく

f:id:mojiyougui:20170503141143j:plain


タオルが汚れるのが嫌であれば、ヒモでも
体育館の木目を使っても構いません。

ポイントは
打つ構えの時に足をまっすぐにすること、
打った後もまっすぐになっているか
タオルを踏んでいないかどうかで確認する
という点です。


タオルを踏んでしまったら、何が悪いのか
常に、自分なりに分析しながら練習しましょう!


2、何本か思い切り打ち上げる

f:id:mojiyougui:20170503141422j:plain


打ち上げるというのは、アーチを限界まで上げて
シュートを狙うという意味です!

 

これは、常に軽いタッチで打つぞという
意識を自分に植え付けるために行います。

また、いろいろなことを意識しながら
練習していると、どうしてもタッチが重く
なってしまいます。

 

なので、リフレッシュも兼ねて練習の最初と
上手くいかなくて行き詰まった時に行ってください!


シュート練習の時は、誰かに動画を撮って
もらうようにしましょう!

f:id:mojiyougui:20170421175016j:plain


〜今すぐに〜


今すぐにできる簡単な練習方法を紹介します!

今あなたは、このブログを読んでいます。

どんな体勢で読んでいますか?

寝転がって見てくれているかもしれませんね!

どんな体勢でも大丈夫なので、その場で
フリースローを打つ時のスタンスをかるく
とってみてください!


そして上で言ったポイントを
意識してみてください!

f:id:mojiyougui:20170421225605j:plain


イメージできましたか?


私が今回、提案したい本当の練習方法は
意識して直そうと思うことが、あなたの上達
するためのいちばんの近道!

ということです!

常に上手くなるためにはどうするべきか
考えながら練習に取り組みましょう!!!


今回は
フリースロー
についてでした。

 

わからないこと、質問等ありましたら
気軽にコメントしてください!

 

 

最後まで読んでいただき
ありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シュートがまっすぐ飛ばない人必見!!

 

こんにちは、スーです!

 

前回は
ミドルシュート
について書きました。

 

まだ読んでない人はこちら!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

mojiyougui.hatenablog.com

 

 

これを読めば
ミドルシュートが上達するために
必要な事が何なのかがわかります。

 

ぜひ参考にしてください!


今回は
『フォロースルー』
について書いていきます!

f:id:mojiyougui:20170403174811j:plain


〜シュート率が落ちる!?〜 

 

あなたはフォロースルーを意識して
シュートを打っていますか

まず初めに少し厳しいことを言うと
フォロースルーを意識してシュートを
打たなければシュート率は上がりません

俺は意識してる、私は意識してるから大丈夫
という人は正しくフォロースルーが何なのか
理解できていますか

おそらく正しく理解できてる人は少ないの
ではないでしょうか。

 

f:id:mojiyougui:20170403174907j:plain

 

実際に私も中学、高校の時はフォロースルー
どのくらい大事かわかっていなかったですし、
シュート率に直接関係ないと思っていました。

つまり
今このブログを読んでいるあなたと
全く同じ状況でした。

 

しかし
ある日フォロスルーの大事さに気付かされました。


そしてフォロースルーをちゃんと理解し
実践することでシュート率が劇的に上がりました!


その時に私は
こんな簡単なことでシュートが
 まっすぐ飛ぶようになるんだ
と感動しました。

f:id:mojiyougui:20170403174920j:plain

 

なので
シュートがまっすぐ飛ばない

漠然とシュートが上手くなりたい

もう一歩シュートが上手くなりたい

そんな悩みを抱えてるあなた!

あなたのその悩みを全て解決させてみせます!


シュートが入らないから試合に使って
もらえない、試合に出ても活躍できないなんて
もう嫌ですよね?

 

そんな自分を変えて本気で上手くなりたい
あなた、この記事をぜひ最後まで読んで
全てを吸収してください!

 

f:id:mojiyougui:20170403175340j:plain

 

〜フォロースルーとは〜

 

ではフォロースルーとは一体何なのか。

フォロースルーとはシュートを打った後に
肘と指先がまっすぐリングに向いた状態で
腕を伸ばしておくこと
です!


これはみんさん知っていると思います。

しかし
なぜフォロースルーが大事なのかについては
考えたことありますか?


この理由を知らない人が意外と多いので
ぜひ覚えておいてください!

それは
シュートをまっすぐ飛ばすためです!

 

f:id:mojiyougui:20170403175611j:plain

 

なぜシュートをまっすぐ飛ばすために
フォロースルーが必要かというと、
ボールは自分が手を伸ばした方向にしか
飛ばないからです


それは当たり前のことですが
シュートを打った後、なぜかフォロースルー
がリングにまっすぐ向いてない人が多いのです。

そういう人たちは単純に意識しないでシュートを
打ってる傾向にあります。


なのでフォロースルーをきちんと
意識しているとどうなるかというと、

 

シュートを打つ

フォロースルーを意識する

シュートがまっすぐ飛ぶ

まっすぐ飛ぶ分シュートが入る確率が上がる

すごく単純ですが
読んでイメージしてるだけでシュート率
上がった気がしてきませんか?

 

f:id:mojiyougui:20170403175621j:plain

 

〜どう意識すればいいのか〜

 

では実際にどう意識すればいいかを
二つ紹介したいと思います!

 

 

POINT1

練習やシューティング等のシュートを

打つ場面は全て必要以上にフォロースルーを
残してください
(シュートを打ってから3秒くらい残す)

そして毎回

ちゃんとリングに対して肘、手首、腕の
 全てがまっすぐ向いてるか

打つ瞬間に手が横にぶれていないか

この二つを確認してください!

この時に自分で「今少し左にずれちゃったな」
など毎回反省を頭の中でするようにしてください。


フォロースルーを残す癖がつけば
シュートがぶれることが少なくなりますので
癖がつくまで常に意識して残すようにしましょう。

f:id:mojiyougui:20170403175630j:plain



POINT2

自主練習の時に前後左右の四方向から
自分のシュートの動画を撮って
その動画を見て自己分析しましょう!

 

自分ではまっすぐいってるなと思っても
客観的に見たら曲がっていることがよくあります。


なので自分のイメージだけでやるよりも
動画を見てダメな部分を修正するという
流れで練習するとより効果的な練習ができます。

 

以上のPOINT1、2を意識しながら
毎日の練習に取り組んでみてください!



シュートが上達するために大事な点は

フォロースルーを常に残すように意識をする

動画を撮り客観的に自己分析する

動画とイメージのずれを修正しながら練習する

この三点です!


ぜひ実践して試合で活躍する理想の自分
を手に入れましょう!

 

f:id:mojiyougui:20170403175644j:plain

 

〜今すぐに〜

 
今すぐにケータイを出してください!

 

そして自分の好きな選手の動画を
YouTubeで見てください!

その選手がシュートを決めた時は
いいフォロースルーをしているので
その選手を目指してどんどん練習しましょう!

 
好きな選手の真似をすることは
上手くなるための第一歩目です!

あなたも好きな選手のような
注目プレーヤーになる日に向かって
スタートを切りましょう!!!

 

 

今回は
『フォロースルー』
についてでした。

わからないこと、質問等ありましたら
気軽にコメントしてください!

 

最後まで読んでいただき
ありがとうございました!