読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

玄人にも難しい!?庶民シュートとは

 

こんにちは、スーです!

 

 

前回の

『上達の早い人はみんなやってる練習法』

実践していただけているでしょうか?

 

 

まだ読んでいない人はこちら!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

必見!!上達が早い人は

みんなやってる練習法

 

絶対あなたのためになるのでぜひ読んでくださいね!

 

 

 

f:id:mojiyougui:20170223155912j:plain

 

 

いきなりですが

 

あなたは普段NBA選手の動画を見ますか?

 

 

私は昨日YouTubeでカイリーアービングの動画

を見ていました!

 

 

アービングって本当にうまいですよね!

見たことない人は絶対に見たほうがいいですよ!

 

 

ドリブルスキルは言わずもがな

あのハンドリングは化け物ですよね

 

 

しかし

 

 

アービングはあのドライブが注目されていますが

実はもう一つうまい部分があるのです

 

 

それはフィニッシュの柔らかさです!!!

 

 

 

フィニッシュの形はいろいろありますが

その中でも私が注目したのは『レイアップです! 

 

 

 アービングのようなレベルの高いレイアップが

決められるようになったらカッコよくないですか?

 

 

みんなから注目されること間違いなしです!

 

 

 

そこで今回は

一番大事な『レイアップの基本』について 

 わかりやすく3STEPに分けて紹介していきます!

 

 

 

 

 

 

〜レイアップの基本〜

 

 

f:id:mojiyougui:20170207135527j:plain

 

 

ではまず私が現役の時にやってしまった

恥ずかしい体験をお話しします

 

 

恥ずかしいので一回しか読まないでくださいね!

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

今自分はBチームにいます

4ピリ残り五分、点差が離れたからBチームに出番がきました

 

(よしやっと試合に出れるぞ!)

(絶対にシュート決めてやるぞ!!)

 

そう意気込んでめちゃくちゃ緊張しながら試合に出ました

 

しかし

 

チームメイトが次々と得点を取っているなか

自分だけ全くシュートが入りません

 

 

チームメイトが気を使って自分にシュートを

撃たせてくれるのに緊張と焦りで余計入らなくなり

 

 

そんなこんなで残り1分

 

 

あのシチュエーションがやってきました

 

 

パスカットからのノーマークレイアップ

 

 

(よっしゃ!もらった!)

私はそう思いました

 

が!しかし

 

観客、ベンチから「あーー」という声が響きました

 

 

ノーマークレイアップを外してしまったのです!

 

 

私は一瞬何が起こったかわからないくらい

恥ずかしさと緊張から軽いパニック状態になっていました

 

 

結局その試合は

得点を上げることができないまま終わってしまいました

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 

あなたも最高なシチュエーションのレイアップ

を外した経験はあると思います

 

 

もうあんな恥ずかしい思い

絶対にしたくないですよね!?

 

 

そんなあなたのためにこれから

レイアップの基本を解説していきます!

 

 

そもそもレイアップが苦手な人も

ぜひ参考にしてください!

 

 

 

 

 

〜STEP1「足」〜

 

 

f:id:mojiyougui:20170207131633j:plain

 

 

 

まずは

ワンツーステップ

を確実に身につけましょう!

 

※ワンツーステップとはシュート前の踏み込みのことを指します

 

 

ドリブルから打つ時もパスをもらってから打つ時もどんな時も

ワンツーステップを意識しましょう!

 

 

 

 ワンツーステップの時に重要なのは

踏み込みの強さです!

 

 

 

 強さというのはただ地面をバシバシ強く蹴ればいいのではありません

 

 

 

 1歩目の足

スピードを殺さないようかかとから入り足全体をつき

一番高く飛べるところまでヒザを曲げて沈み込む

 

 

 

1歩目の足が弱いと高く飛べないし

何より体が安定しないのでシュートを

外してしまう原因にもなります

 

 

1歩目の足でレイアップが入るかどうかが決まる

といっても過言ではありません!

 

 

 

 

 

 2歩目の足

スピードと1歩目で沈み込んで溜めたパワーを

一気に上へ持っていく感覚で上にジャンプしヒザを高く上げる

 

 

これは自分が一番高く飛べた時をイメージしてみてください!

 

 

ここで重要なのは前ではなく上に飛ぶということです!

 

 

前に飛んでしまうとシュートが

バックボードに強く当たってしまい

シュートが外れる原因の一つになってしまいます

 

 

 

 

 

〜STEP2「手」〜 

 

 

f:id:mojiyougui:20170211234840j:plain

 

 

次は手についてです!

 

 

手は横でもなく上でもなく

素直に下から持っていきましょう!

 

 

そして最後ボールを離すときは

指の付け根から指の腹に向かって滑らす感じ

ボールを送り出しましょう!

 

 

腕の力だけでボールを投げてしまうと

シュートの強さの調節が効かなくなって

しまいます

 

なので

 

ジャンプした時に自然と腕を伸ばした

勢いを利用してボールを飛ばしましょう!

 

 

 

 

〜ステップ3「狙う場所」〜

 

 

f:id:mojiyougui:20170207135006j:plain

 

 

 

次は狙う場所です!!

 

 

狙う場所は一般的にはボードの小さい四角形の

カドを狙えと言いますが

これは80点くらいの答えですね

 

なので私が教えるのは

 

 

小さい四角の縦線を狙え

 

 

角を狙うと人によっては強く投げてしまうので

確率が下がる原因になってしまいます

 

 

なので自分が狙いやすい高さの縦線を狙いましょう!

 

 

 

この3ステップは当たり前なことを

言っていますがここが一番レイアップの

基本になるので皆さんぜひ覚えてください!

 

 

そしてもうあの恥ずかしい

体験とはおさらばしましょう!

 

 

 

今回は

『レイアップ』についてでした

 

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

 

 

知らない人は上手くなれない!?シュート上達への近道は〇〇だ

 

 

こんにちは、スーです!!!

 

 

今回の記事は

 

 

シュートを上手くなりたい!

けどどんな練習をしたらいいかわからない 

 

 

と迷ってるあなたのために

絶対に上手くなる練習方法を教えます!

 

 

ぜひ参考にしてください!!!

 

 

 

 

 

 

早速ですがあなたはシュートに関わらず

上達への近道』はなんだと思いますか?

 

 

このことを知っているのと知らないのでは

上達のスピードが10倍以上変わります

 

 

一度真剣に考えてみてください

 

 

 

 

 

 

f:id:mojiyougui:20170221002941j:plain

 

 

 

 

 

わかりましたか?

 

 

 

 

それはズバリ

上手い人の真似をする

これが一番の近道です!

 

 

 

なぜこんな簡単なことが近道なの?

と思う人もいるかもしれません

 

 

 

例えば

 

 

あなたは実際に何かを始める時って

まずお手本を見て真似するところから

入りますよね?

 

 

 

漢字の書き取りするのもそうですし

部活に入った時もわけわからないまま

先輩の真似を自然としています

 

 

 

 

意識的にも無意識的にも常に

自然とお手本を目で追って真似をしています

 

 

 

 

つまり

 

真似をすることは上達の一歩目

 

なのです

 

 

 

 

 そしてそれは勉強やスポーツだけではなく

何にでも共通して言えることです!

 

 

 

 

f:id:mojiyougui:20170222121647j:plain

 

 

 

私は中学生の時

マイケルジョーダンが好きで

ただただ真似をしていまいた

 

 

最初はただの無謀なプレーでしたが

 

分析に分析を重ねてマイケルジョーダン

のようなかっこいいレイアップが

打てるようになりました!

 

 

 

このように真似する対象を目標にすること

完成形を常にイメージすることができるのです

 

 

 

そして

 

完成形を常にイメージできると

うまくいかない時に道を見失うことがありません

 

 

 

なので

人の真似をすることは上達への近道と言えるのです!

 

 

 

 

そして真似をする上で

3つポイントがあります

 

 

1つ目は

 

自分が素直にうまいと思った人

 または尊敬している選手の真似をする

 

 

2つ目は

 

自分が対象に決めた人の

 動きを目に焼き付ける

 

 

3つ目は

 

真似をしたい対象の人の動きが

 再現できるか実際にやってみる

 

 

 

ということです

 

 

恐らくこれではイメージがつきにくいと思うので

私が実際にやっていた方法を例にしたいと思います!

 

 

 

 

f:id:mojiyougui:20170211232655j:plain

 

 

 

〜例〜

 

私はマイケルジョーダンを尊敬しています

 

 

彼のジャンプシュートがかっこよくて

彼のダブルクラッチがかっこよすぎて

 

 

ひたすらYouTubeを見ていました

 

 

そして実際に体育館で同じようにシュート

してみたら全く再現できませんでした

 

 

なぜ再現できなかったんだろう

 

 

ひじの角度が違かったのかな、、、

ジャンプが低かったのかな、、、 

 

 

と自分なりに反省して

またYouTubeを見返す

 

 

そしてまた実際にシュートをしてみる

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

私はこのようにやっていました

 

 

 

 

イメージつきましたか?

 

 

 

よく観察する

実際にやってみる

なぜできなかったのか自己分析する

 

自己分析するときは

動画で自分のシュートを撮って見る

のが一番いいです!

 

 

この3点が上達するのに

重要なポイントです!

 

 

この3点を意識しながらうまい人の

真似を全力ですれば必ず上達します

 

 

今すぐ実践して

どんどん上手くなりましょう!

 

 

応援してます!

 

 

 

 

 

今回は「シュート上達への近道」

についてでした

 

 

次回は

「上達が早い人はみんなやってる練習法」

についてお話しいたします

 

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自己紹介

 

 

 

初めまして、スーです!

 

 

 

このブログでは

1試合わずか2点しか取れなかった

私が34点取れるまで上達した

『シューターメソッド』

の全貌を解説していきたいと思います!

 

 

 

 

 

シュートが入らなくて試合に使ってもらえない

もっとシュートが入るようになりたい

同じポジションの人に負けたくない

試合になるとシュートが入らない

 

みなさんいろいろな悩みがありますよね

 

私も中学生の時はみなさんと同じように

これらのことでよく悩んでいました

 

 

 

 

 

私は中学時代ずっとセンターをしていました

 

 

練習では同じポジションの人に負け

試合では相手チームのセンターに負け

 

 

 

得点も毎試合2点、いい時で4点

そんな選手だったのでだんだん試合に

使ってもらえなくなりました

 

 

 そして

 

 

顧問の先生に怒られ続けるうちに

 

 

先生は自分のことが嫌いなんだ

俺はこのチームのお荷物なんだ

活躍できないしシュート入らないしセンスないんだ

 

 

当時の私はこんなことを考えていたので

バスケがすごく嫌いでした

 

 

それでも試合に出たいと思った私は

「センターがミドルシュートを打てたら

かなりの武器になるんじゃないか」

 

 

と思いミドルシュートの練習を

自分なりに初めてみました

 

 

練習ではそれなりに入っていたので

これは試合で使える!

と一人で上手くなった気でいました

 

 

しかし

 

 

 

いざ試合になると練習で入っていたのが

嘘のように全く入りませんでした

 

 

そしたら案の定また先生から怒鳴られ

また試合に使ってもらえなくなりました

 

 

気づいたらまた自己嫌悪、、、

 

 

 

なんでみんなと同じように練習してるのに

 自分は全然上手くならないんだ

 

なんで試合になるとこんなに

 何もできないんだ

 

なんでだ、、なんでなんだ、、、

 

 

バスケが好きだから始めたのに

楽しいとは真反対の現実ばかりが目の前に広がり

私は精神的に追い込まれていきました

 

 

 

もう部活辞めたいな、、、

バスケつまんないな、、、

 

 

 

気づけばそう思うようになっていました

 

 

一度そう思ってしまったら最悪の連続でした

 

 

バスケはもちろん私生活まで

うまくいかなくてもうどうしたらいいか

わからなくなっていました

 

 

 

 

そんなある日

母から急に

「うちのママさんチームの練習の手伝いしてよ」

と言われました

 

 

私は全くやる気がなかったのですが

渋々行くことに決めました

 

 

 

しかし

 

 

 

 

 

そこで私のバスケ人生を大きく

変えてくれた人物に出会いました

 

 

 

 

 

 

なんとなく練習に顔を出してみたら

ある人物が目にとまりました

 

 

その女性はとても綺麗なフォームで

ワンハンドシュートを撃っていたのです

 

 

私はそれを見た瞬間に

 

 

 

この人に教われば絶対にうまくなれる

と直感してすぐにシュートを教わりにいきました

 

 

その女性は私を快く受け入れてくれて

自分がやっていたというシュートメニューを

私に伝授してくれました

 

 

 そして私は

素直にその教え通りのメニューをこなしました

 

 

 

すると練習すればするほどうまくなっている

実感があり1週間ほどで理想のかっこいいフォーム

を手に入れることができました

 

 

 動画で自分のフォームを撮ってもらった時に

「これが自分?かっこいいじゃん!」

と素直に思うことができました

 

 

その後も練習を重ねるたびに上手くなって

いくのを実感させられ

 

 

気づいたら確率が高くてしかもかっこいいシュートを

自分のものにすることが出来ていました! 

 

 

そして勝手に

「俺はマイケルジョーダンだ」

なんて馬鹿みたいなことを考えていました

 

 

それからは

 

試合に出ても緊張はするけどシュートは

確実に決められるようになり

 

先生からも褒められることが増え

 

スタメンで使ってもらえる機会も増え

 

 

気がついたら市内で

ミドルシュートが得意なセンター

という肩書きで注目を浴びていました

 

 

今までが嘘みたいに楽しい

 

 

そう思いました

 

 

そしてチームメイトから

俺にもシュート教えてよ!

という声が続々と上がり私はみんなに

シューターメソッドを伝授しました

 

 

そしたらそれを試したチームメイトたちが

めきめきと上達していき

最終的に県大会ベスト8までかけあがること

ができました!!

 

 

 

私がみんなに伝授したシューターメソッド

確実に上達することができる

 

 

それなら同じように悩んでる人の

運命の人に自分がなってやる!

 

 

私はそう思いました

 

 

シュートについて悩んでる人

 

次は

あなたの番です 

 

 

シュートが上手くなりたい

試合に出たい

チームメイトに認められたい

試合でシュートをきめたい

チームメイトに負けたくない 

 

 

そんな人はぜひ私が確立させた

シューターメソッド

活用してください!

 

 

そしてみなさんの楽しいバスケライフ

を全力でサポートさせていただきます!

 

 

みなさんの活躍楽しみにしてます!

 

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました!