読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

意外と知られていない!ルーティーンの意義とは

 

こんにちは、スーです!


前回は
フリースロー
について書きました。

 

まだ読んでない人はこちら!


mojiyougui.hatenablog.com



これを読めば、フリースロー成功率が
上がること間違いなしです!


ぜひ、参考にしてください!

今回は
フリースローのルーティーン』
について書きます。

 

前回の内容と絡めながら
読んでみてください!!!

 

f:id:mojiyougui:20170422212349j:plain

 

〜ルーティーンは大事なの?〜

あなたは、フリースローの時に
ルーティーンをしていますか?

おそらく、何回かドリブルをついたり、手のひらで
ボールを回したり、こういった行動を
誰もが無意識にやっていると思います。

 

ルーティーンをすることによるメリット

集中力が高まる

自分のいい時のリズムを思い出せる

主にこの二つだと考えられます。

しかし

ここまでは、誰もが知っていることですよね

 

f:id:mojiyougui:20170422214008j:plain


私が今回、紹介するのは
ルーティーンの「やり方」ではなく
ルーティーンを「やる意味」についてです!

今回のブログを、最後まで読んだら
今まで以上に、フリースローが気楽に打てるように
なること間違いなしです!

 

 

逆に、いつもルーティーンやってるし
読まなくていいや・・・
という人は、読んだ人より遅れをとることになります

ぜひ、この記事を最後まで読んで
最強のフリースローシューターを目指しましょう!

 

f:id:mojiyougui:20170422215237j:plain

 

〜ルーティーンをやる意味〜

 

いきなりですが、あなたはルーティーンを
なぜやるのか、考えたことがありますか?

私は、ルーティーンは自分に自信をつけるために
やるもの、こういう風に考えています。

 

かつて私が読んだNBAの本にも
フリースローの時は、常にシュートを
入れた時の自分をイメージしている」
と、書いてありました。

 

要するに、ルーティーンとは
自分の成功した未来を想像する時間なのです。

 

f:id:mojiyougui:20170425143505j:plain

自分の成功した未来を想像する時間、だと
抽象的すぎるので、具体例を考えてみましょう。

 

例えば、ルーティーンの時に二通りの選手がいます。

A選手「シュートを決めた自分を想像して打つ」
B選手「シュートを外した自分を想像して打つ」

A選手フリースローは得意だ、と思いながら打つ」
B選手フリースローは苦手だ、と思いながら打つ」

 

どっちの方が、入る確率が高くなると思いますか?

間違いなくA選手の方ですよね!

 

f:id:mojiyougui:20170317113530j:plain


人間は悪いことを考えると、悪い方へ流されて
いってしまいます。

しかし、気負いすぎも逆に自分に
プレッシャーをかけてしまいます


なので、細かいですが「決めなきゃ」と思わずに
入る」と常に考えるようにしましょう!

 

f:id:mojiyougui:20170425143337j:plain

 
〜実際の練習方法〜


では実際、どのように意識したらいいか
を紹介していきたいと思います。

 

まず練習方法自体は、前回の記事と全く同じ
なので、そちらを参考にしてください!

 
前回の記事はこちら。

mojiyougui.hatenablog.com




前回の練習方法にプラスで、ルーティーンをしてる
時に、今から紹介する考え方を取り込んでください!

f:id:mojiyougui:20170426195437j:plain


「自分はフリースローが下手だ」と考えない。


フリースローが下手だ」、「自信がない」と思ってる
人のほとんどは、フリースローを決めたという
印象が頭の中に残っていない人たちです。

悪い印象しかないと当然、自信が待てなくなります
その結果、確率が悪くなってしまいますので
この考え方は、自分にとってマイナスでしか
ありません


その考えを払拭するために、まずはフリースロー
を決めた自分の動画を、いっぱい見ましょう!

f:id:mojiyougui:20170426195418j:plain

 

2、入らなくても落ち込まない

 

なかなかシュートが入らないと、自然と
気分は下がってしまいますよね。


最初は入らなくて当たり前です



一番ダメなのは、上手くいかない時に
すぐ投げ出してしまうことです。

上手くいかない時は、軽く肩を回すと
リラックスされるので、上手くリフレッシュ
しながら練習を継続させましょう!

 

f:id:mojiyougui:20170426195459j:plain

 

3、練習のいいところだけ思い出す

 

試合でフリースローになると、意識して
なくても緊張してしまいますよね。

そんな時は、練習で上手くいったところ
だけを
思い出すようにしましょう!


上手くいった時の自分を思い出すと
自然とそのイメージ通りに体が動こうとします

 

なので、まずは練習の時にしっかりと
自信をつけるところから始めましょう!

f:id:mojiyougui:20170426195655j:plain

 

〜今すぐに〜

 

今すぐにできる練習は
イメージトレーニングです。

自分の動画を持ってる人は
その動画を見ながらイメージトレーニング
しましょう。

 

やり方は簡単です。

 

自分がフリースローを外す時
何が原因で外しているか、を思い出してください。


 そしてその原因を、イメージトレーニング
内で
解決させてフリースローを決めてください。

 

そして今度は、外してしまう違う原因
想像し、解決してください。

 

f:id:mojiyougui:20170425154803j:plain

 

これを繰り返していれば、自分の
悪いところを見つめて、解決するという
とても大事な能力が身につきます!

 

この能力は、バスケを上達するために
とても大事な能力なので、ぜひこの機会に
身につけてください!

 

そして、フリースローの苦手も
克服しちゃいましょう!

 

 

今回は
フリースローのルーティーン』
についてでした。

 

わからないこと、質問等ございましたら
気軽にコメントしてください!


最後まで読んでいただき
ありがとうございました。